岡山理科大学とプログラミング教育で教育提携協定を締結

#岡山理科大
#プログラミング教育
#教育提携協定
プレスリリース

株式会社 Shinonome(所在地:東京都千代田区飯田橋 4-10-1 セントラルプラザ 2F ルーム 7、代表:種市隼兵)と岡山理科大学(所在地:岡山県岡山市北区理大町 1-1、学長:柳澤康信)は、学生への多様なプログラミング教育の場を提供する目的で、教育連携協定を締結しました。岡山理科大学内に学生が無料でプログラミングを学べる場を設置し、学生のプログラミングスキル向上が望めるだけでなく、志の高いクリエーターの育成や、企業との連携による社会へのアウトプット(最新の IT テクノロジーの社会実装)が可能となります。

岡山理科大学は総合情報学部をはじめとする各学部で、学生の AI、IoT 関連技術のスキルアップを目的とした教育を実施していましたが、より柔軟で広範な教育の機会を提供できる仕組みを模索していました。この度の教育連携協定の提携により、岡山理科大学の学生に対し、企業との開発現場から実践的なプログラミング教育の場を提供し、学生の成長と地域に貢献できる人材育成を図ります。株式会社 Shinonome は、東京理科大学での実績を活かして、より多くの学生へのプログラミング教育と企業連携の場づくりを進めており、既に学生が中心となった企業との連携が始まっています。そのなかで東京理科大学以外の大学との連携は、岡山理科大学が初となります。多くの学生がプログラム開発の実践を経験し、よりレベルの高いプロフェッショナルな技術者の輩出を目指します。

岡山理科大学 News Release はこちら

なお、本 News Release の詳細は、添付の PDF ファイルでご紹介しております。
ニュース詳細(PDF)

本資料に関するお問い合わせ先

  • 株式会社 Shinonome 広報担当:齋藤(a.saito@shinonome.com)
  • 岡山理科大学研究・社会連携部(電話 086-256-9731)